カウンター
[PR] ポイントサイト

2019年1月11日金曜日

2019/01/11 CSI XR-5 ロールアウト!

おはようございます。不定時連絡です。

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
さて、新年一本目のカスタム品をこの度出品致しました。

こちらです↓。
ガンスミス翠月堂 CSI XR-5 改修調整済み 美品 ハイレスポンス 長寿命 高精度 FET付き 多弾マガジン追加付属


中身のレシピは以下の通り。


☆2018/11/18 XR-5 構成


〇メカボックス

・メカボックス:M4のねじにねじ山を打ち直して交換。割れ防止加工、スライドレール等可動部の研磨。
・ギアセット:標準ギア比スチールギアに交換。
・軸受け:6mmメタル軸受けに交換。接着剤にてメカボックスにて固定。
・シム調整。
・シリンダー:バレル長に適合した加速ポート付きの物に交換。
・シリンダーヘッド:AOE調整にゴムパッキンを追加。Oリングを交換。
・ピストン:SHS全金属歯軽量ピストンに交換。AOE調整に合わせラックを加工、接着剤にて各部固定。
・ピストンヘッド:樹脂製ヘッドに交換。接着剤にてピストンと固定。Oリングを交換。
・スプリング:M90不等ピッチスプリングを使用。
・スプリングガイド:ベアリング付きスプリングガイドに交換。
・タペットプレート:マルイVer2用純正品に交換。
・ノズル:M4用エアシールノズルに交換。Oリングにグリス塗布。
・モーター:EG1000に交換。ブラシはラジコン用銀ブラシを加工して使用。接点を保護剤でコーティング。
・モーターピニオン交換。ピニオン位置調整。
・スイッチ:SHSスイッチセットに交換、接点を調整。保護剤でコーティング。
・グリス:G.A.W./Gグリス、スリーボンド/シリコングリス、パパ/スーパーゾイル消音グリスにて各所グリスアップ。


〇チャンバー、バレル

・ACE1ARMSダイヤル式M4用に交換。
・チャンバーテンショナー:マルイ標準押しゴムを加工して使用。
・チャンバーパッキン:宮川ゴム特殊形状チャンバーパッキンに交換。シールテープにより気密取り。
・バレル:ステンレス精密バレル368㎜に交換。バレル開口部のテーパー加工及びチャンバー窓の加工。


〇電装系

・FET:保護回路付きFETを自作して追加実装。
・配線:高効率銀コート配線にてレイアウトを見直して引き直し。
・SBD:追加実装。
・ヒューズ:20Aの平型ヒューズを追加実装。


〇その他

・マガジン:分解しメンテナンスを実施。

以上


いつも通りの丁寧で徹底した仕事を心掛けましたが、今回は久しぶりに難産でした。

一通り組み立てて試射までは問題なく進んだものの、試しに回していると突然動かなくなる現象が頻発。
これの改善に随分と手間暇掛かってしまいました。

最初はスイッチ回りの相性やクリアランスの問題だろうと、スイッチ接点を何個か交換して動かしてみましたが、改善せず。

次に怪しいと睨んだのはカットオフレバー。これも何度か交換して様子をみたり、セクターとカットオフのカムの具合が良くないのかとシム調整を見直してみたけれどもそれでもダメ。

今回電装系にFETユニットを実装しているので、もしかしたらそちらの組み立てで不具合があって接触不良が出ているのかも知れないと思い、一度ゴムで絶縁したユニットを分解して別のFETユニットに交換してみたがそれでも結果変わらず・・・ドツボに嵌まっておりました。

最終的に正解は、と言いますと、実はモーターのブラシでした。
これが標準のブラシではなく、ラジコン用の銀配合ブラシを寸法が合うように加工して取り付けて長寿命と効率アップを狙っていたのですが、どうやら加工の失敗でブラシがコミテーターに片当たりしていたのが原因で、モーターが止まっていたのが真相でした。

この辺に手加工の精度の限界を感じつつも、なんとか問題の部品を交換してテストし、無事に不具合が解消されている事を確認。完成の運びとなりました。


商品説明にもありますが、樹脂フレームでありながら、なかなかの剛性を持ち、各部の仕上げもカッチリしているこの銃。オススメです。

本日はこんなところですね、ではまた~。

2018年11月30日金曜日

PDR-C再出品

こんばんは。不定時連絡です。

都合により前回出品していたPDR-Cを再出品致します。少しばかりですが値下げしてのスタートですので、お気軽にチェックして頂ければ幸いです。

ガンスミス翠月堂 PTS PDR-C 改修調整済み 美品 プチ流速ハイレスポンス長寿命 FET付き 多弾マガジン2本付属

2018年11月18日日曜日

2018/11/18 活動報告 PDR-Cロールアウト!

おはようございます。不定時連絡です。

今日も今日とてカスタムガンの出品です。こちら珍銃の代表格、PDR-Cでございます。

ガンスミス翠月堂 PTS PDR-C 改修調整済み 美品 プチ流速ハイレスポンス長寿命 FET付き 多弾マガジン2本付属



こちらの中身はこんな感じ。

☆2018/11/18 PDR-C構成見積もり


〇メカボックス

・メカボックス:ネジを交換。割れ防止加工、スライドレール、給弾ルート研磨。
・ギアセット:ベベルギアのみ交換。
・軸受け:8mmメタル軸受けに交換。接着剤にてメカボックスにて固定。
・シム調整。
・シリンダー:バレル長に適合した加速ポート付きの物に交換。
・シリンダーヘッド:AOE調整にゴムパッキンを追加。Oリングを交換。
・ピストン:SHS全金属歯ピストンに交換。ウェイト内蔵。AOE調整に合わせラックを加工、接着剤にて各部固定。
・ピストンヘッド:樹脂製ヘッドに交換。接着剤にてピストンと固定。Oリングを交換。
・スプリング:M90不等ピッチスプリングを使用。
・スプリングガイド:そのまま使用。
・タペットプレート:新品に調整して交換。
・ノズル:そのまま使用。Oリングにグリス塗布。
・モーター:在庫部品より独自に新造(銀配合ブラシをレイダウンセット、0.8㎜ポリウレタン線15ターン)。接点を保護剤でコーティング。
・モーターピニオン交換。ピニオン位置調整。
・スイッチ:オムロンの5Aマイクロスイッチに交換、クリック抵抗を低減。
・グリス:G.A.W./Gグリス、スリーボンド/シリコングリス、パパ/スーパーゾイル消音グリスにて各所グリスアップ。


〇チャンバー、バレル

・チャンバーユニット:そのまま使用。
・チャンバーテンショナー:マルイ標準押しゴムが使えるよう改修。押しゴムを加工。
・チャンバーパッキン:PDI/Wホールドチャンバーパッキンに交換。シールテープにより気密取り。
・バレル:ステンレス精密バレル267㎜に交換。バレル開口部のテーパー加工及びチャンバー窓の加工。


〇電装系

・FET:保護回路付きFETを自作して追加実装。
・配線:高効率銀コート配線にてレイアウトを見直して引き直し。
・SBD:追加実装。
・ヒューズ:20Aの平型ヒューズを追加実装。


〇その他

・マガジン:分解しメンテナンスを実施。


と、なっております。
今回の個体、元はと言えばほとんど未使用の状態の良いものが手に入りまして、注文を頂いたのですが事情によりキャンセルになりまして、途中まで作業していたので仕様を変更して仕上げようと進めたところ、

・スイッチの交換したら定格オーバーだよ!→定格内の部品ないしFET付けるかー
・モーターの動作がいまひとつだよ!→あれこれマッチングするも納得行かなかったので結局手巻きする羽目にorz

等々迷走の果てにそこそこお安くライトチューンで出すつもりが、気が付いたらガッツリフルチューンになってしまいました。

ちなみに自家製モーターの仕様はトルクと回転数両立型になってますね~、ギアセットはノーマルですがキレも良くそこそこ回ります。

他にもタペットの擦り合わせとかスプリングの交換、トリガーリンゲージユニットのねじの固定や引き代の調整等々、個性的なPDR-Cのメカ特有の調整項目も押さえております。

おそらく設計がARESのタボールと同一の出なのか、共通の構造が見受けられますがこちらの方が古いようですね。

さて、自転車操業につき出品強化月間もこれでひと段落、かな。
あと一本販売で出すかも知れませんが、依頼の方を優先するか、出品しても来月になるかもです。

こんなところでしょうか。ご閲覧頂きありがとうございました!
ではまた~。

2018年11月3日土曜日

2018/11/03 最近の報告 SA58OSWロールアウト!

こんにちは。不定時連絡です。
先日はAK47の記事に多数のアクセス頂き誠にありがとうございました。

さて、続きまして次なるカスタムガンは・・・こちらです!↓

ガンスミス翠月堂 ZL SA58OSW レストア品 長寿命高精度改修 多弾マガジン2本付属











今回はARでもAKでもない、ちょっと変わった血統のライフルです。FNのFALをベースにしたコマーシャルモデルだとかなんとか。

メーカーはZLという聞かないところですが、実質クラシックアーミー(CA)のコピー品みたいですね(グリップの蓋の裏にしっかりと刻印がありましたw)。

さてこの子なんですが、ジャンク品として格安で調達したのですが・・・まあ最初の状態は酷かった・・・。
何がアレって、もうネジというネジがいい加減で、ネジの交換だけで済むならいざ知らず、ネジ山を切り直したりネジロックや瞬着で無理くり固定したりとかなり手間を掛けて更生しました。レシーバーのネジ等は、適合する仕様のものが無かったのでステンの六角を見繕ってガンブラックスプレーで黒く塗り直しております・・・(汗)。

そして各部の固定も、もうユルッユルでしたw
せっかくフルメタルの持ち味である高剛性もこれでは持ち腐れです・・・よろしい、ならば徹底修正だ。

まず構造としてもおかしいのですが、メカボックスの位置決めがグリップに依存しており、しかれどそのグリップに位置出し用のダボとかピンが無くて絞め込んだ後も左右に動くんですね。
これを改善する為に、グリップ上部後端の二か所にピンを打ち込み、レシーバーと勘合した際に遊ばないよう改修。
また、これだけではメカボックスの保持がグリップのみに依存したままで、構造として脆弱なので、レシーバー内部でメカボックスが遊ばないよう、レシーバーやメカボックスにプラ板を接着しブレを防止。

同様に、ハンドガードに関しても遊びがあったので、こちらは手軽にガタつき部分にビニールテープを貼り込んで厚みを出しブレを殺しています。


外回りはそんなものですが、中身に関しても大改造!

メカボ内は~

・軸受けはとりあえずメタル軸受けを瞬着で固定。
・ギア弄ったっけ(ロー入っちゃってさ、って違うねw)シム調整して
・スライドレール磨いて
・タペットプレート交換
・スイッチの接点ももげていた(!)ので新調して、コーティング
・モーターは安心と信頼のEG1000S!しっかり慣らしとコーティングを忘れずに
・ピニオンのバックラッシュもしっかりと

チャンバーとか~

・そもそも信用ならないメタルチャンバーだったのでマルイのシグ用にサクッと交換
・テンショナーに通例の細工を施し
・パッキンはこちらも実績のPDI Wホールドパッキン
・バレルも今回はお揃いでPDI 05バレル
・バレルのチャンバー窓と先端はいつも通り加工(ステンを削るのです・・・)
・テープを巻いてバレルの振れ止め

電装系~

・今回スイッチ出てすぐのとこのクリアランスが厳しかったのか、何度かもげましたが対策に対策を重ねクリア
・そもそも継ぎを極限まで減らして抵抗減少を目指しているので整備性は二の次です
・シリコン被膜銀コート線にて全て再配線
・20A平型ヒューズ実装
・ミニSタイプコネクタを採用(この辺はユーザー様の好みによって変更可ですね)


まとめて書き出すとこんなですが、今回外装の仕上げの酷さが大変でしたねー。いやぁ難儀したw

そんな感じのSA58ですが、しっかり使えるように仕上げております。どうぞ可愛がってくださいまし。

2018年10月22日月曜日

2018/10/22 最近の動き AK47出品しました。

こんにちは。不定時連絡です。

最近はいろいろな電動ガンのカスタムをやりつつ、完成したものをお客様にお渡ししたり出品したりとしています。

今回も出品が一件あります。
AK47のレストア品です。こちらです↓

ガンスミス翠月堂 対次世代! 東京マルイ AK47 レストア品 長寿命高精度改修 多弾マガジン3本付属







見た目こそ平凡ですが、中身はすごいですよ~。
こんな感じ。

10/22 AK47レシピ


☆メカボックス

・6㎜メタル軸受け
・スチール製標準トルクギアセット
・スチール製ピニオンギア
・EG1000Sモーター
・シム調整、グリスアップ
・スイッチ接点交換、接点保護コーティング
・加速ポート付きシリンダー
・4枚金属歯ピストン
・メタルピストンヘッド
・ピストンウェイト
・M90不等ピッチスプリング
・金属製スプリングガイド
・各部Oリング交換、気密取り


☆チャンバー、バレル

・407㎜精密バレル
・HOP窓加工
・Wホールドチャンバーパッキン
・HOPテンショナー加工
・チャンバー気密取り


☆電装系

・シリコン銀ケーブル再配線
・ショットキーバリアダイオード(SBD)実装
・モーター接点保護コーティング、慣らし運転
・20Aヒューズ取り付け


☆その他

・マガジン分解メンテナンス×2
・外装金属パーツクリーニング、再黒染め
・マガジン外装再塗装

結構時間掛けて直しました。
もし宜しければチェックしてやってください。

続きましてもう何本かリリースする予定ですので、そちらもヨロシクです。
ではまた~。

2018年9月22日土曜日

2018/09/22 最近のご報告

こんばんは。不定時連絡です。

ここ最近、稼働してはいたんですが、どうにも記事にしづらくて更新をサボっておりました。

具体的には、

・トリガーガード修理依頼のガスリボルバーをやっつけたり、

・某SNSで開催したフォトコンテストの賞品を発送したり、

・在庫の整理でショットガンの部品を売り出したり、

他にもやりかけですが、89式の異なる2案件やステアーAUGやらMA5Bやらを進めております。
例によって作業中は作業に没頭してしまい、経過の写真を撮り忘れるという業務日誌としては致命的な欠点が直っておりませんw

ちょっと都合により、年内までに依頼品や在庫の手付品をなんとか完成させた方が良い運びとなりましたので、コンスタントに消化して行けるよう励んでおります。

10月に入れば、おそらくヤフオクに出品する商品も増えますので、またチェックを宜しくお願い致します。

それではまた~。

2018年6月29日金曜日

2018/06/29 ここ数か月の動向

こんばんは。不定時連絡です。久しぶりの更新です。

前回の更新からあれよあれよという間に4か月近く、いろいろ動いたり寝込んだり等々ありましたがうかうかしてたら更新出来てませんでした。

取りあえず完了したお仕事としてはこんな感じ。
 ↓
・A&K MINIMI→分解点検の後再組立て。

・galaxy エアコキバレット→給弾不良、二発給弾、弾ポロの改善にチャンバーとマガジン、ノズルの加工。

・東京マルイ 電動ブローバックグロック18、ベレッタM92F×2→オーバーホールの後高耐久仕様へ改修。

・東京マルイ トンプソン→セレクターの修理。

・東京マルイ 電動MP7A1→チューンナップし組み立て。


んで作業中の作業が

・S&T タボールpro→ハイサイクルカスタムへ調整中。

・CSI XR-5→長寿命カスタムへ調整中。

・PTS PDR-C→プチハイサイカスタムへ調整中。

・NB? SA58OSW→リペアとチューンナップ中。

・東京マルイ AK47→チューンナップ中。

・東京マルイ ステアーAUG→オーバーホール中。

・SNOWWOLF MA5B→マガジン他改造中。

・東京マルイ エアコキ M92F(旧型)、センチメーターマスター、ワルサーP38→チューンナップ後初速調整中。

・KSC M93Rオートナイン→メダリオン作成途中。

・ターセル 89式小銃→FET組み込みと再調整中。

・ARES ストーナーLMG→マガジンの給弾システム含め全体的に改良、構造検討中。


となっております。
最後に長々お待たせしていて申し訳ないですが、近日着手予定として
 ↓
・ タナカ ガスリボルバー→トリガーガード補修。

・STAR DRAGON→流速チューン仕様へカスタム。

・東京マルイ 89式小銃→不知火組み込みと内部カスタム。

・東京マルイ M3ショーティ→デチューン。

・東京マルイ MP7A1→フルカスタムチューン。

・究極のタボール計画(酷い名前w)

・SNOWWOLF M41A→グレネード内蔵モデルの製作(ご評価いただきありがとうございます!)。


等々となっております。他にもセブロの拳銃とPDWとか某ゲームのPDW57とかグローサとかスプラシューターとか掃除機とか、やりたい事はいっぱいあるんですが、なんとも今の自分には完全にキャパオーバーのようです。身の程を知れw

取りあえず報告できる事は以上です。ご閲覧頂きありがとうございました。